カウンセリング

セックスレスの解消法

カウンセリングルームEsolveにはセックスレスカップルがクライエントとしてたくさんいらっしゃいます。例えば、ある方たちは結婚して7年、一度も性行為を行えていません。結婚前に関しても、性行為したのはほんの数回で、性行為での結びつきは彼らにとって存在していない状況です。まだ結婚していないカップルでも、同棲して始めてからセクシャルコンタクトが全くなくなってしまい、パートナーが途方に暮れているという内容の相談がよくあります。

我々はこのようなセックスレスカップルのカウンセリングを積極的に行っています。特に、これからの結婚やパートナーシップの継続を前向きに解決したいと思っているカップル、結婚したもののセックスレスになっているがお子さんを望んでいるかた、セックスレスになって10年以上の中高年カップルなど、単にセックスレスと言ってもその状況は様々です。

日本性科学会ではセックスレスを「特殊な事情が認められないにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシャルコンタクトが1ヶ月以上なく、その後も長期にわたることが予想される場合」と定義しています。

それではどの程度日本人は性交をしているのでしょうか。コンドームメーカーが行った2013年の日本人における性活動の調査では日本人の1ヶ月の平均性交回数は2.1回でした。これは、性行為回数が比較的多い20代から少なくなる60代までを含めた数字です。全世界的に見てもこれは異常に少ないとされており、世界最低を毎年更新しています。

統計調査では日本人40代の月当たりの性行為回数は2013年で1.8 回/月ですが、過去の資料をみると昭和28年時点で3.2 回です。その頃は、高度経済成長期に差し掛かった時期ですが、一過程で子供が3人以上は当たり前だった頃です。

何故こういうことになったのか、考えられることとしては婚姻における夫婦の関係性の問題、女性の社会進出日本特有の住環境によるプライバシーのなさなどなどありますが、究極的にはカップル双方のストレス、つまり社会的緊張や不安の増加などが高まっていく中で、性行為を楽しむ時間が失われていることにあると考えています。

セックスレスになる原因としては、大きく分けて2種類あると考えます。一つは器質的な疾患、つまり男性側の勃起障害や女性側の性交痛・挿入障害などが原因となっている場合です。これに関しては、心理的なアプローチも併用しながら原疾患(元々ベースにある病気)にフォーカスして勃起機能や膣の痛みの回復を図ります。二つ目は我々は状況型勃起障害や状況型性嫌悪と名付けていますが、特定の相手だけに勃起しなかったり、性交痛が生じる場合です。

例えばA介さん(男)はB子さん(女)と、結婚して3年間になります。しかし何故かここ1年間、全くsexの機会がありません。スキンシップもない日々が続いてB子さんは不安になって我々に相談してきました。いろいろ話を聞いているうちに、A介さんはマスターベーションでは全くもって通常の射精が可能で、風俗や婚外交渉では勃起と射精になんら問題がありませんでした。いわゆる「妻だけED」とも言いますが、そんなカップルが日本には大勢いると思っています。

このような状況型EDの場合も含めて、セックスレスカップルのカウンセリングでの課題は、そのセックスレスになっている原因をまず最初に捉えることが大事です。先程、セックスレスにも多様なパターンがあると書きましたが、そもそもセックスを含めたスキンシップをしたい方が男性なのか女性なのかでもアプローチが違ってきます。セックスレスの内容にしてみても多岐に渡り、勃起がしづらく性的な自信がないためセックスレスになっているカップル、疲れて性行為どころではなくセックスレスとなっているカップル、不妊症の治療でタイミングで性交をしなければならないカップルなど、単にセックスレスと言っても解決方法は異なってきます。

ただし、大きな流れとして、われわれはまず性格分析を行って性格特徴の相互理解を行います。そして同時に簡単なスキンシップから始まる行動療法を進めていきます。以下にその大まかな手順を示します。

Esolve式 セックスレスカウンセリング

性格分析による性格特徴の理解

簡単なテストで人の性格は8種類に割られます。相手の性格特徴がわかれば、カップルでの歩み寄りが容易になります。

行動療法

まずは簡単なスキンシップから、徐々に直接的な関わりを増やしていく手法をとっています。段階的に触れ合いを増やして行くことによって距離感を縮めます。

状況型のセックスレスに対しては過度なマスターベーションや婚外交渉を禁止して、お互いきちんと向き合う姿勢を作っていただきます。

次にお互いのオルガズムを確認しあうプログラムを受けていただきます。

最後に、膣内挿入をトライして頂きますが、射精することを目的とせず、挿入時の温かさや感覚を感じながらパートナーとのスキンシップを図って頂きます。

心理カウンセリング

2人の間に心の溝がある場合、カウンセリングが非常に重要になってきます。特に状況型EDの場合や状況型性嫌悪の場合、レスられた方の心理サポートが重要になってきます。

このようにわれわれのセックスレスに対するセラピーはカップルカウンセリングと個別カウンセリングを組み合わせて、お互いの心の溝を埋めていきます。しかしこのような取り組みを努力して行っても最終的には「セックスレスの状態でパートナーシップを継続する」「離婚を含むパートナーシップの解消を考える」に帰結する可能性もあります。また賛否両論あるかもしれませんが、第3の選択肢として「オープンマリッジ/オープンリレーションシップ、つまり相手の性に対して無干渉である約束をする」ということも我々は考慮すべきかと考えています。

いずれにせよ、お互いが一生懸命自分らの性に対して向き合う、このような取り組みは今後のパートナーシップ、さらにはあなたの人生に何らかの前向きな変化を起こすはずです。どんな形であれ変化したい、前に進みたいということであれば是非、私たちEsolveに相談してください。有効な解決方法が提示できると思います。